• display

  • 表示に関する状態を示すクラスです。
  • display

表示の状態を示すクラスです。
  • is-block
  • is-table
  • is-table-cell
  • is-inline
  • is-inline-block

  • display (hidden)

コンテンツを非表示にする場合のクラスは is-hidden になります。

  • display (disable)

コンテンツをdisable状態にする場合のクラスは is-disabled になります。
is-disabled でうまく表現できない場合は is-notouch is-noclick を試してください。
テキストリンクの場合は is-noclick をご利用ください。詳細は こちら をご覧ください。
form要素をdisable状態にしたい場合は、クラスではなく通常のdisabledタグ disabled="disabled" を該当するform要素に付与してください。

  • display (mediaquery show)

windowの幅が一定幅になると表示するクラスです。
【1】有効幅1だけで表示させるクラスは rs1-show になります。
有効幅1だけで表示
【2】有効幅2だけで表示させるクラスは rs2-show になります。
有効幅2だけで表示
【3】有効幅3だけで表示させるクラスは rs3-show になります。
有効幅3だけで表示
【1】と【2】を表示させるクラスは rs3-hide 、【1】と【3】を表示させるクラスは rs2-hide 、【2】と【3】を表示させるクラスは rs1-hide をご利用ください。
有効幅はwindowサイズにより下記の通り設定されています。(矢印の部分の境界線がブレイクポイントになります)
|   1←|→2   |   3   |
|   1   |   2←|→3   |
※IE8はご利用いただけません。

  • display (mediaquery hidden)

windowの幅が一定幅になると非表示するクラスです。
【1】有効幅1だけで非表示させるクラスは rs1-hide になります。
有効幅1だけで非表示
【2】有効幅2だけで非表示させるクラスは rs2-hide になります。
有効幅2だけで非表示
【3】有効幅3だけで非表示させるクラスは rs3-hide になります。
有効幅3だけで非表示
【1】と【2】を非表示させるクラスは rs3-show 、【1】と【3】を非表示させるクラスは rs2-show 、【2】と【3】を非表示させるクラスは rs1-show をご利用ください。
有効幅はwindowサイズにより下記の通り設定されています。(矢印の部分の境界線がブレイクポイントになります)
|   1←|→2   |   3   |
|   1   |   2←|→3   |
※IE8はご利用いただけません。